こどもの日は手作り料理を楽しみましょう

timaki-001
スポンサードリンク

こどもの日の料理の由来

 

入学式も終わり、5月になるとやって来るのが「こどもの日」です。
5月5日は「端午の節句」とも言われ、男の子の成長をお祝いする日です。昔から健やかなこどもの成長を祈ってきました。

 

五月人形を飾ったり、こいのぼりを掲げたり、お風呂にしょうぶを浮かべて邪気を払ったり、様々な方法でお祝いして過ごします。そして子どもたちとの楽しい時間に忘れてはならないのが料理です。

 

家族みんなで楽しくお祝いするために、おいしいお料理は欠かせません。

こどもの日の食べ物と言えば、「ちまき」、「柏餅」が挙げられます。
timaki-001

なぜこれらのものを食べるようになったのか、その由来をご存知でしょうか。
由来や意味をきちんとこどもに伝えて、食べさせるようにするといいと思います。

 

「柏餅」…柏餅には植物の柏の葉がお餅に巻かれています。

柏という植物は、新しい芽が出てきちんと育つまで、古い葉が落ちてしまうことはありません。
このことから「こどもが大きくなるまで親は死なない」と意味を結びつけているのです。

 

「ちまき」…災いを避けるといった意味から無病息災を祈念しているそうです。

その昔、れんじゅの葉にもち米を包んだものを五色の邪気を払うと言われる糸で縛り川に流したそうです。
そのとき使われた糸の5色は、こいのぼりの吹流しの色に使われています。

柏餅などのお菓子を家で手作りして食べるのもいいと思います。
こどもの日は、こどものためのお祝いの日ですから、お料理もこどもが好きなおかずをたくさん作ってあげましょう。
もちろん野菜を添えたり、彩りを考えたりすることも忘れないでくださいね!
ここからは、こどもの日におすすめの料理とそのレシピを紹介していきたいと思います。
気にいる料理があれば、ぜひこのレシピを参考にしてください。

こいのぼりをモチーフにした料理

こどもの日と言えば「こいのぼり」。
料理やケーキなど「こいのぼり」や「兜」をモチーフとしたものが多いです。
ケーキ屋さんでも、様々なこどもの日のお祝いケーキが販売され、こいのぼりなどが飾られたケーキがたくさん売れていきます。

自宅でも簡単な飾りつけで比較的簡単に「こいのぼりのケーキ」を作ることができます。
簡単なレシピを紹介します。
・市販のロールケーキ、ホイップクリーム、を用意します(スーパーにあるスイスロールでもOK)。
・ケーキ表面にクリームを塗って、チョコペンで目などを書き、フルーツをうろこに見立ててデコレーションすれば出来上がりです。
市販のケーキを使った簡単なレシピなので、こどもと一緒に作ることができて楽しいです。

スポンサードリンク

 

o04000369001l152-400x369

出典 http://news.ameba.jp/

「こいのぼりのお寿司」

ハム、卵などをうろこの形に切っておきます。
大根を薄切りにして白目の部分を作り、黒目はのりで作ります。
巻きずしに飾りつけをしてこいのぼりに仕上げます。

いろいろなカラーの巻きずしを作れば、彩りカラフルなこいのぼりができます。

この他にもサンドウィッチのパンをこいのぼりの形にカットして、子供が好きそうないちご、バナナなどフルーツのスライスをうろこにして飾りつけをすればかわいいこいのぼりの出来上がりです。

 

オムライスを作って、ケチャップでうろこを描き、目玉はのり、ハムなどで作れば簡単なこいのぼり料理の完成です。

普段食べている料理でも、デコレーションを工夫するだけで、こどもの日にぴったりの料理が出来上がります。

 

1c32fc3552640343155fac923af30e49出典 http://cookpad.com/recipe/2198200

簡単に作ることのできるこどもの日におすすめの料理として「ちまき」があります。
料理の所要時間は約30分です。

 

簡単にできるちまきのレシピを紹介します。
旬の素材として、そら豆、ホタテを使っています。
このレシピは3人分です。

<材料>
もち米2カップ、ホタテの貝柱100g、そら豆100g、しょうが1片。
白だし大さじ1、しょうゆ大さじ1と2分の1、みりん大さじ1と2分の1。
あれば笹。

<レシピ>
もち米を洗って水切りしておきます。
炊き始める30分前にはざるにあげて水切りしておくようにしましょう。
炊飯器に入れておきます。

 

次に材料をカットします。
ホタテの貝柱は4つにカット、そら豆の皮をむいて2つにわる、しょうがはせん切りにしておきます。

お鍋に水を1と2分の1カップ入れて、そこへ白だしとしょうゆ、みりんを入れます。
沸騰したら、カットしておいたしょうが、そら豆を入れて煮ます。
再沸騰したら、ホタテの貝柱を加えます。
さらに1分ほど煮てから火を止めて冷まします。

こした煮汁を炊飯器に入れます。

 

煮汁だけで2カップ分なければ、足らない分水を足してください。
もち米の入った炊飯器に煮汁を入れたら、炊飯器のスイッチを入れて炊き始めてください。
炊きあがったら、そら豆、ホタテの貝柱を加えます。
軽く混ぜ合わせます。
笹があれば笹の中に出来上がったもち米を入れて巻きます。

炊飯器で炊くだけで簡単にできる、こどもの日におすすめの「ちまき」が完成です。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. IMG_20150405_132340
  2. 3869c9a2d01a61b9720f15523eb7d328_s
  3. img053
  4. iPhone 109
  5. 168d20620c61a0ae9ef25cb719c49d51_s
  6. IMG_写真1

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。